勤務先電話なしお金借りたい 在籍確認なしレディースカードローンはある?

 

1.大手消費者金融を選ぶ

 

 

2.お金借りる審査申し込み後、オペレーターに相談

 

 

3.在籍確認は必ずあるので、電話連絡なしか確認する

 

 

 

・金利 4.5−17.8%
・利用額 1万円ー最高キャッシング額500万
・30日間無利息 
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
・スマホから申込み可能
・主婦、パート・アルバイト、学生の方も平日14時までに契約完了で即日融資も可能
・20〜69歳までの安定収入のある方

 

プロミス

 

 

 

・金利 3.0%−18.0% 
・10秒簡易審査
※平日14:50までに審査完了で即日融資可能
※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともあります。
・利用額 1万円−800万円
・スマホ申込み可能 スマホWEB完結プログラムが人気
・主婦、パート・アルバイトの方も安定収入があれば平日14:50まで審査申込み完了で即日融資
・20歳から69歳以下の安定収入のある方。

 

SMBCモビットカードローンを選択すると職場に電話がきます。

 

職場への電話連絡をされたくない方は、SMBCモビットWEB完結を選択してください

 

書類の不備、虚偽の情報入力をするとSMBCモビットから確認の電話がくるので、注意してください。

 

SMBCモビット

 

 

 

 

アイフルも勤務先在籍確認なしでお金をかりれる消費者金融です。

 

他社消費者金融で融資否決になった場合でも、アイフルで借りれたという方も多く、

 

アイフルの審査に申し込む価値はあります。

 

借り換えローンで従来の消費者金融からの借金を返済して金利を下げたりと、

 

柔軟性のある金融機関です。

 

・アイフル金利3.0%−18.0%
最低1000円から借り入れ可能で、限度額800万まで融資可能
・即日融資可能
・最短30分で審査完了
・来店不要で融資完了
・派遣社員、パートアルバイトもキャッシング可能です 
※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
・担保不要 連帯保証人不要
・総量規制対象内なので、年収1/3までが上限

 

 

 

 

バンクイックは、三菱UFJ銀行カードローンです。

 

バンクイックは携帯電話、パソコン、アイパッドからでも気軽に審査申し込み可能です。

 

WEB申込みなら来店不要最短審査回答です。

 

バンクイックは即日融資も可能。

 

バンクイックの魅力
・金利 年4.6−14.6%
・最高500万円融資
・三菱東京UFJ銀行の口座不要で融資可能。

 

バンクイックは、UFJ銀行ならではの低金利が最大のメリットです。

 

銀行のカードローンという安心感がありますね。

 

キャッシングで初めてお金を借りるというかたは、

 

バンクイックから審査に申し込む事をおすすめします。

 

銀行は融資の審査結果が出るのが遅いイメージがありますが、三菱UFJ銀行のバンクイックであれば安心です。

 

 

 

 

・最高限度額はゆとりの1,000万円
・24時間申込み受付可能で利用可能
・みずほ銀行キャッシュカードを持っていると便利
・キャッシュカードを持っていればキャッシングカード発行不要です。

 

 

 

 

 

キャッシング審査の際に在籍確認で聞かれることと注意点 会社や家族にばれない?

 

キャッシング審査を受ける際にネックになりがちになるのが在籍確認の存在です。キャッシングを利用するに値する人物かどうか、企業側も細かくチェックしていくということです。キャッシング審査に申し込みをする際、たいていの場合には職業や年収などの基本的な情報を申告していきます。金融機関側はこの職業に間違いはないのか、その確認をしているというわけです。

 

ただ、だからと言って会社に金融機関から連絡が入るとなれば、嫌な気分になる人もいるでしょう。借金をしているのでは?と個人のイメージを極端に悪くしてしまうこともあるので、できることならキャッシングサービスを利用すること自体知られたくはないものです。

 

具体的に、こうしたキャッシングの審査のタイミングで会社にかかってくる電話では、どのようなことを聞かれるのでしょうか?基本的に本人がその会社にいるのかどうかを確認していくだけの作業なので、電話口で本人が出ればそれだけで完了です。電話口では金融機関の名前を大っぴらにすることはなく、あくまで個人名で呼び出しがなされることに成ります。銀行系のキャッシングサービスであれば、そのまま銀行名を名乗って取次をしてもらうことがありますが、銀行名だけであればキャッシングサービスの審査だとは誰も思いません。むしろ銀行系の名前で電話がかかってくれば、保険や口座の関係だと、後で会社の人に聞かれても言い逃れをすることが可能です。

 

キャッシングの存在を周りに知られたくはないという人は決して少なくありません。基本的に金融機関も本人以外に審査の内容が広がらないように、全力で対応をしていきますが、それだけでは不安だという人も中にはいるでしょう。とはいえ、個人でできることはまずありません。会社に電話がかかってきたときにできるだけ自分が出られればいいですが、そうでない場合でも周りに怪しまれないだけの関係性を会社内で築いていくことも大切です。

 

この他、在籍確認で注意していきたいのが、家族に対するケアです。キャッシングを利用する人の中には会社だけでなく家族にもその存在を知られたくないという人もいるでしょう。こうした場合には、在籍確認や電話連絡のないキャッシングサービスを利用していくのもお勧めです。それこそ周りにキャッシングの存在が知れることもないので、周りの目を気にする人には打ってつけです。

 

ただ、家族にキャッシングの内容を知られたくないという人は、在籍確認以外でも注意しなければいけない点があります。それが、自宅などに送られてくる郵便物についてです。同じ家で暮らしている家族であれば、必然的にこうした郵便物を目にする機会も多くなっていきます。個人にあてられた郵便物だったとしても金融機関の名前がしっかり入っているようであればさすがにばれてしまうというわけです。

 

家族にもキャッシングの存在を絶対にばらしたくはないという場合には、利用明細をWEB上で閲覧できるタイプのキャッシングを選んでいくようにしましょう。本来であればこうした利用明細が毎回郵便物として自宅に送られていきますが、中にはWEB閲覧と郵送とで選択が可能なところもあります。こうしたところであれば最初から郵便物を自宅に送られないように下準備をしていくことができます。

 

好きなタイミングで好きな額だけお金を借りることが出来るキャッシングサービス、その具体的な内容はそれぞれの金融機関によっても変わってきますが、非常に便利なサービスということに違いはありません。とはいえ、世間でキャッシングのイメージは一概に良いとは言えないのも現実です。周りからの印象が悪くなってしまうことを懸念する人も決して少なくはないということです。

 

こうした事態を避けるためにもまずは在籍確認のリスクが出来るだけ少ないキャッシングサービス、そして家族への配慮も可能なところをさがしていくことからはじめていきましょう。たったこれだけのことでも周りにばれることなくキャッシングサービスを利用していくことが出来ますし、それこそ自分の社会的立場を守っていくことが可能です。最近では、金融機関側も本人以外にキャッシング審査の内容が知られないように配慮はしていますが、その努力も絶対に成功するというものではありません。金融機関は在籍確認の際にうその会社名を名乗ることはできません。そのため、会社側からしつこく会社名や要件を問い詰められることがあれば、キャッシング審査の内容が周りに悟られる可能性もあるというわけです。そこまでしつこく電話口で問い詰めるというケースも少ないでしょうが、キャッシングの審査の際には注意していきましょう。

 

こうした審査を通過することが出来れば、後はサービスを利用していくだけです。お金を借りる際にはできるだけ返済計画を十分に練ったうえで、後々無理が出ないように気を遣っていくことも大切になっていきます。

 

 

消費者金融系と銀行系のカードローンの違い

 

カードローンには、消費者金融系のローンと銀行系のローンがあり、それぞれ特徴があります。

 

最も大きい部分は金利です。

 

カードローンの金利はとても大事なことなので、借りる時によく考えたいことです。

 

カードローンの金利は、銀行系カードローンのほうが、低金利で借り入れることができます。

 

銀行系のカードローン金利は、消費者金融系の金利より2%から10%くらい低く設定されていますので、できれば銀行系から借りたいものです。

 

カードローンの審査についても、銀行系と消費者金融系は違います。

 

審査がすぐに終わることが、消費者金融会社のいいところです。

 

短時間で審査が済むので、申込みから融資金を受け取るまでに時間がかかりません。

 

しかし銀行系の場合の審査時間は、消費者金融のようなスピード審査をしない所がほとんどです。

 

銀行系のカードローンの場合は、審査にかかる時間が1日以上にもなることがあり、時間に余裕が無い人には向いていません。

 

消費者金融会社はカードローンの無利息キャンペーンなどを開催することがありますが、銀行では無利息での融資を行うことはまずないでしょう。

 

借入限度額が高めに設定されていること、金利が低いことが銀行系カードローンの強みです。

 

消費者金融会社の強みは、審査が早く終わって、融資を受けやすいことがあるでしょう。

 

返済時の負担を軽減したいと思っていて、一刻を争うような事態でないなら、多少時間がかかっても、低金利の銀行系カードローンがおすすめです。

 

金利や貸付上限金額、返済のやり方などは、カードローン会社によつて差があります。

 

しっかり情報収集して自分の目的や返済計画に適したカードローンを選択することが重要です。

 

 

 

カードローンの金利について

 

カードローンの金利について説明します。

 

一般的な消費者金融系の金利は、4.5%から18%が相場になっております。

 

10万円の融資を受けた時には、18%の金利が一般的だと言われています。

 

貸付上限金額がいくからでも、金利の設定は変わります。

 

低金利で融資を受けるには、まとまった金額の借り入れをするといいといいます。

 

融資の条件は、審査の結果によって決まります。

 

審査では、年収、勤続年数、持ち家の有無などに基づいて、貸付条件を決めます。

 

場合によっては、少額のカードローンしか利用できないこともあります。

 

審査の内容で、一度に借りられる金額は変わります。

 

同じく銀行系も内容的には同じでありますが、金利面で変わってきます。

 

相場的には4%から14%程の金利になります。

 

金利だけを見てみると、銀行系がお得なのが分かります。

 

ほとんどの銀行がこのような金利設定になっております。

 

それならば、カードローンは銀行系の金融会社のものを利用したほうがいいと考えがたですが、金利以外でも、考えなければいけないことがあります。

 

消費者金融系カードローンは審査結果から融資の手続きまでがとても早いので、急ぎが現金を必要としている人向けです。

 

申込みの手続きも、消費者金融系のカードローンのほうが簡単です。

 

銀行のカードローンでは、口座開設が条件になることもあります。

 

できるだけ早く融資を受けたいと思うなら、消費者金融系がいいでしょう。

 

融資するまで時間に余裕がある方やとりあえずカードを作っておこうという方の場合は、銀行系のカードローンを契約すると良いでしょう。

 

 

 

近年の銀行系カードローンでの即日融資など

 

ここ最近の銀行系カードローンでは、消費者金融同様に即日融資を行えるようなケースも多く、

 

即日融資も最短時間も消費者金融と同じくらいのスピードになってきたりしています。

 

それと同時に、銀行系のカードローンの場合にはやはり審査が幾分か厳しかったり、銀行系カードローンでも

 

その銀行の口座を持っていないと、即日融資ができないようなケースが多かったりしました。

 

ですが、近年では銀行系のカードローンでも口座を持っていなくても即日融資できるような銀行も増えてきています。

 

これは借入をしてくれる顧客をよい集めやすくするために銀行が新たにサービスを広げ始めたものであり、事業をより拡大するために

 

銀行でもサービスの拡大をしているのです。

 

また、少額の融資でありますと審査が厳しいといわれている銀行系カードローンでもかなり借りやすくなったというようなこともあります。

 

これも借入をしてくれる顧客をよい集めやすくするためのものです。

 

本人確認も不要なケースが多いですから、ちょっとお金を借りるのであれば消費者金融よりもやりやすさがあるともいえるのです。

 

お金を借りるのであれば、銀行系カードローンは以前よりも使いやすくなったのではないかと思います。